MENU

医療脱毛では費用が高くなりますが、最近はかなり安くなってきましたので利用しやすくなってきました。
しかし背中はある程度処理が終わっている人がパーツでケアをしたり、全身脱毛を利用している人が施術をしているというパターンが多く、背中だけを処理するということが少ないうえ、範囲も広いので高額になりがちです。

 

ウエデイングドレスを着るために脱毛をする人が多く、ウエデイングプランで設定されていることも多いですが、産毛が多いので時間をかけてケアをしておくことが必要ですので1年前くらいから医療脱毛をスタートするのがおすすめです。
2カ月から3カ月の間隔をあけてケアをするのが通常ですので、全身脱毛として最初からケアをしていればいざという時も慌てずに済む部位です。
3回程度脱毛したくらいでは医療脱毛であっても、完璧にきれいになるとは言えませんし、再生サイクルでまた生えてきますから、最低でも6回コースが必要となります。
費用としては1回3万円くらいが相場になっています。

 

光脱毛では1回5千円くらいで設定されていることも珍しくありませんが、時間だけかけてあまり効果が見られないという結果になりがちですので、産毛のケアが入ることを考慮しても医療脱毛のほうが適しています。
最近では皮膚を傷めないレーザー脱毛も一般的ですし、産毛対応をしているレーザーマシンを導入しているクリニックも多いので、時間をあまりかけることなくスピーディにケアができるところもたくさんあります。
背中の産毛が濃い人には背中を安全にきれいにケアできる医療脱毛は最適ですし、ほかの部位よりも時間も手間もかかることからある程度費用がかかることは承知しておく必要があります。
効果についても個人差が大きいので、納得できるまでケアをしたいというのであれば最初から回数の多いコースを申し込んでおくか、追加料金を覚悟して臨むべきです。
にきびや色素沈着がある場合にはケアをしてもきれいな肌になりにくいということもあり、あらかじめ皮膚の状態について良好にしておく必要があります。
背中を脱毛することで産毛が固く太くなることもあり、これを硬毛化と呼びます。
施術の前にきちんと説明をしてくれるクリニックを選び、気になるようなら肌のケアからスタートすることも大切です。
オーダーメイド脱毛としてアトピーやアレルギーに対応してくれたり、肌質と部位に適したマシンを使ってくれるクリニックを選ぶのもトラブル予防になります。