MENU

エステで行う光脱毛とは異なり、クリニックで行うレーザー脱毛は医療脱毛と呼ばれています。
医師や看護師など医療資格を持ったスタッフのみが施術を行うことを認められているのです。

 

そんな医療脱毛は、VIOラインを脱毛する際には特におすすめできる脱毛方法です。
VIOラインはどんなに毛が薄い人でも生えている箇所で、処理に時間が掛かります。
特に夏場など水着になる際は念入りに処理をしている人が多いはずです。
そのため、脱毛を考えるべき箇所だと言えますが、自己処理やエステで行われる光脱毛では不十分です。

 

自己処理の場合、剃刀や除毛クリーム、家庭用脱毛器を使うことになりますが、場所が場所だけに自分で行うことが難しいのです。
剃刀ではデリケートな部分に近い位置に刃を当てるため的確な処理が難しいことに加え、処理をした後にはチクチクとした感覚が残ってしまうのです。

 

除毛クリームはクリームを塗ってぬるま湯で洗い流すだけという手軽さが魅力ですが、クリームは薬品であるためデリケートな部分に塗るとかぶれるなど肌トラブルを誘発する可能性があります。

 

また、家庭用脱毛器は一時的なもので、完全に脱毛することは出来ません。

 

エステでの光脱毛も同様で、家庭用脱毛器よりは出力が高いため効果があるものの、出力を上げすぎると肌にダメージを与えてしまうため出力を下げて回数を増やさなければならないのです。
そのぶん費用も高く、十数回から数十回の施術が必要になります。

 

一方で、医療脱毛の場合はレーザーの波長が安定しているため出力を高くしても肌にダメージがありません。そのため施術回数が少なくて済み、5回から6回の施術で完了します。発毛細胞をほぼ完璧に破壊できるため発毛することがなくなり、施術が完了した後の処理は年に一度手入れをする程度で無毛状態を維持できるようになるのです。

 

費用は1回当たり1万円から1万5千円程度であることが多いですが、最近は回数が無制限の定額プランも登場しています。6万円前後に設定されていることが多く、体毛が濃い人はそれだけ施術回数が増えますが定額制であれば金銭的な負担が少なくなります。

 

私も数年前に医療脱毛でVIOを脱毛しました。
施術は6回で、十分に満足できるほどの効果がありました。フィットネスクラブで水泳を行っているためVIOには特に気を遣っていましたが、医療脱毛をしてからはほとんど発毛することがなく手間と時間をかけずに済んでいます。